FC2ブログ

中国経済と中国語と国際結婚

中国経済や中国語や国際結婚に関するブログです

ブログ引っ越し

ブログを引っ越しました。

http://s.ameblo.jp/chuankou-wu/

よろしくお願いします。

チュアンコウ
スポンサーサイト



  1. 2013/03/23(土) 12:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国企業紹介~杭州娃哈哈集団(ワハハ)~

杭州娃哈哈集団(日本語名:ワハハ、英語名:wahaha)。

中国杭州に拠点をおく、飲料メーカー。

中国の飲料業では生産量の約半分を占めており、トップシェア。
世界の生産量でも、コカコーラ、ペプシ、キャドバリー、コットに続く、世界第5位。

乳飲料、飲料水、炭酸飲料、フルーツ飲料、お茶、健康飲料、ビール、缶詰食品、スナックなどを製造。

創業者であり代表取締役の宗慶後は、2012年の時点で、富豪ランキングで世界第23位、中国第1位。

1996年に、世界トップ食品メーカーの、フランスのダノン社と合弁会社を設立。
実際には、ワハハ、ダノンと香港の百富勤社の3社によって、合弁会社を5社設立。
その後に、百富勤社がダノンに持ち株を全て売却した為、ダノンの持ち株比率が51%と過半数となった。

娃哈哈(ワハハ)ブランドの商標認可権は、合弁会社にしかないのだが、ワハハグループは2000年から6年間で独自に17社を設立し、娃哈哈(ワハハ)ブランドで製品を販売。

裁判で10年ほど争ったが、結局はダノン保有のワハハ株を全てワハハグループが買取、娃哈哈(ワハハ)商標がワハハグループに戻る事で決着した。

2011年には、「日本企業から買収の申し出を受けて、現在検討している」と述べたが、現在まで行われていない。

また、2012年には小売業会に進出し。
11月29日には杭州市に、欧米ブランドを取扱う百貨店「WOAW PLAZA」を開業した。

ダノンとの争いは、中国での合弁の問題点が浮彫りとなった。
日本企業にも起こり得る問題の為、今後中国での合弁を考えている日本企業は注意が必要である。
  1. 2013/03/21(木) 01:26:12|
  2. 中国企業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本と中国の違い~2~

中国人は基本的に、良くも悪くも、空気が読めません。
逆をいうと、日本人は良くも悪くも、周りの事を気にし過ぎます。

中国人は、言わないとわからないのですが、日本人は、言わなくてもわかってよと思っています。

これは恐らく、中国は多民族国家であり、文化も違う為、自己主張をし、察するより直接相手の考え方を確認する様になったのだと思います。

どっちの文化が良い、悪いということではありません。
日本の、相手の心を読む文化、相手を気遣う文化は素晴らしいと思います。
ただし、中国人の考え方をわかっておくと、中国人とうまく付き合えると思います。
  1. 2013/03/17(日) 07:40:38|
  2. 日本と中国の違い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知人訪問ビザ

知人訪問ビザにについて、ご説明致します。

妻の母親が、4月末に日本に来る事になりました。

中国人の妻の家族が日本に来る時は、知人訪問ビザを取る必要があります。

◆必要書類

中国側
①査証申請書
②写真 縦4.5cm 横3.5~4.5cm 背景は白
③旅券(パスポート)
④戸口簿写し
⑤居住証明書
⑥親族関係公正書or写真、手紙等
(友人の場合は、関係を証明できる、一緒に写っている写真や手紙などが必要です)

日本側
日本人夫
①身元保証書
②住民票
③在職証明書
④課税証明書

中国人妻
①招聘理由書
②滞在予定表
③住民票
④在職証明書
⑤有効な在留カードのコピー

一般的には、日本人夫が身元保証人になり、中国人妻が招聘人になります。
住民票は、現在は外国人妻も日本人夫と一緒に記載されるので、1枚で大丈夫です。

中国側の書類は、中国にいる家族に用意してもらいます。
日本側の書類が揃ったら、中国にいる家族に郵送で送ります。

私は、身元保証書に捺印を忘れるというミスをしてしまい、捺印をした書類をもう一度送りました。

捺印などが無いだけで受付けてもらえないので、気を付けましょう。

書類を全て持って、日本領事館にて申請をし、10日程でビザが取れました。

日本人の夫を持つ女性の家族という事がきちんと証明できれば、問題なくすぐにビザが取れる様です。

10月頃には、妻の友人が日本に来る予定なので、その際は今回の様に簡単に取れるかわかりません。

ただ、恐らくは友人関係の証明がきちんとできれば、問題無いかなと思います。
  1. 2013/03/15(金) 19:35:10|
  2. 国際結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華料理店~七宝麻辣湯(チーパオマーラータン~)

七宝麻辣湯(チーパオマーラータン) 渋谷店

麻辣湯(マーラータン)とは、中国にある、一人鍋みたいな食べ物。
店に入り、30種類ほどある具材(野菜、肉、魚、麺など)から数種類を選び、その具材を香辛料の効いたスープでぐつぐつと煮てもらい、器に入れてもらう。

日本の店では、麻辣湯(マーラータン)の事を、スープ春雨と説明している事があるが、これは間違い。

麻辣湯(マーラータン)の具材の中に春雨があるので、春雨を選べば、スープ春雨の様な感じにはなるが、春雨を選ぶ人もいれば、選ばない人もいる。

具材をたっぷり選んでも、上海で食べてた頃は、5~10元(70~150円)ほどでした。

そして先日、渋谷にある、七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)に行ってきました。
中国と似ているシステムで、20種類ほどある具材の中から選ぶのですが、680円で3種類、その後は1種類ごとに100円追加をするシステムでした。

また、スープの辛さを0辛~5辛までの6段階で選べるのですが、これは中国には無いシステムです。
中国では、スープの味や辛さは決まっていて、辛さが足りない時は、自分でスープの中に辣酱(唐辛子)を入れます。

実際に食べた味はというと、上海で食べた味よりは若干上品で、少し日本人向けになっている味でしたが、懐かしい味で美味しかったです!
  1. 2013/03/11(月) 23:45:24|
  2. 中華料理店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ